保育・介護・ICTの3事業の方針を簡単に書きます。
保育事業(AIAI NURSERY)においては、引き続き認可保育所を都内中心に出店します。
最も力を入れている児童発達支援事業(AIAI PLUS)についても、引き続き千葉県を中心に最大限出店します。
介護(AIAI HOUSE)については、都内については中価格帯の特定施設、千葉県と大阪市については低価格帯の有料老人ホームを出店します。
ICT(Child Care System)については、UI・UXを向上させたのち、ようやくメイン機能である子どもの発達分析機能の開発に着手します。
この分析機能は構想から2年が経っているので、私自身も待ち遠しい限りですが、CCSのリプレイスで大幅に遅れていました。
ついに今年から着手できますが、比較分析するシステム自体は簡単な仕組みですので、比較的早くリリースできると考えています。
最大の問題は、子どもに対して、適切なアプローチを導くための教師データの収集に労力と負担がかかることです。
結局のところ、現時点におけるAI技術は、過去と現在を繋いだ先にある未来の推測に過ぎず、莫大なデータ量が必要になり、その収集コストが高くなってしまいます。
ほとんどの場合、仮説を立てて、実証して、検証して、ときにはインタビューも実施します。
未来を直接的に予測する技術が開発されると、こうしたデータ収集コストが一気に削減されるのですが、現時点ではマンパワーで収集するほかありません。
今年の上半期は出店とデータ収集に注力したいと思います。

 

Collecting DATA

I want to succinctly write about our policy of three businesses: childcare, elderly care, and ICT.
We will build a few nursery schools (AIAI NURSERY) in Tokyo, and many nursery schools for children with special needs (AIAI PLUS)
In regard to our elderly care business (AIAI HOUSE), we will build a nursing home in an area of Tokyo where the property is reasonable and build nursing homes in areas that are quite inexpensive in Osaka and Chiba.
Regarding our ICT business, we will launch a system which analyzes children’s development after improving the system’s UI/UX.
Two years have already passed since we came up with the idea, but it was delayed because of CCS’s redevelopment.
Finally, we can start to develop this system this year. I think that we can release this analysis system quickly because it is very easy to develop and this kind of system is ubiquitous..
The biggest problem is that its cost is overwhelming and it takes a lot of time to collect teacher data to reach a suitable approach.
Eventually, the current AI system forecasts the future by connecting the past and present, but it costs a lot and requires a lot of teacher data.
In most cases, we make a few hypotheses, validate them, and sometimes have some interviews.
If we can forecast the future without any data, this cost will be decreased.
However,at this time, we must collect data manually.
I want to focus on collecting teacher data to develop a system in the first half of the year.